みんなで食べると「おいしい」

HOME > 院長ごあいさつ > 院長略歴

院長略歴

略歴
1983年 日本大学松戸歯学部卒業(千葉県)
1983年 津島歯科医院 一般歯科・大人(愛知県)
1985年 日本大学松戸歯学部付属病院 歯内療法・大人(千葉県)
1987年 大竹歯科医院 小児歯科専門(千葉県)
1990年 やまだ歯科クリニック 小児歯科専門(東京都)
1993年 谷野歯科医院 一般歯科・小児歯科 開業
その他
東京都立心身障害者口腔保健センター 協力医
関西障害者歯科臨床研究会 会員
開業後、昭和大学歯学部口腔衛生学教室(東京都)に、非常勤の研究生として、2年間、月に一度のペースで、摂食の研修をしました。
大竹歯科医院は、東京都立心身障害者口腔保健センターの診療部長であらせられた、故大竹邦明先生のプライベート・オフイスです。
講演活動
1997年 赤穂市郡栄養士会「口の働き、歯の働き」
1998年 揖龍栄養士会「口だけは達者」
1998年 赤穂市母子保健推進員「口だけは達者、芸能人でなくても歯は命」
1999年 赤穂介護者の会「口だけは達者 口の健康と食べる」
2000年 関西福祉大学(赤穂市)「小児歯科臨床とコミュニケーション」
2000年 赤穂学林(花岳寺)
「第一に楊枝を 正法眼蔵・洗面の巻と口腔ケア」
2000年 千種の苑(赤穂市)「要介護者のための口腔ケア」
2001年 赤穂市尾崎母親クラブ
「カミカミ教室 上手に噛むために、おいしく食べるために」
2001年 関西福祉大学(赤穂市)「小児歯科臨床とコミュニケーション」
2002年 赤穂市塩屋母親クラブ「菊川怜さんの好物は納豆」
2002年 赤穂学林(花岳寺)「口だけは達者―豊かな老い」
2003年 西播磨ブロック・ディサービスセンター協議会
「要介護者のお口の健康について」
2004年 西播磨圏域・摂食嚥下障害対策ネットワーク構築フォーラム
パネリスト
2004年 相生市介護支援専門員連絡協議会「要介護者のお口の健康について」
2007年 さんぽみち(地域活動支援センター・赤穂市)
「ハローおいしく食べるために」
2013年 赤穂学林(花岳寺)「歯の養生」
2017年 赤穂学林(花岳寺)「仏教と歯科と」
執筆活動
2001年 JA兵庫西の月刊誌に、1年間コラムを連載「口だけは達者」
2007年 赤穂市民児協「永久歯は永久?」
2008年 「物語 一所懸命」を自費出版しました。
忠臣蔵の物語の筋は、喧嘩両成敗にあります。
物語・一所懸命では、喧嘩両成敗の新説が書かれています。
また、吉良町の資料から、忠臣蔵が書かれています。
赤穂市立図書館に寄贈しています。
2017年 相生赤穂市郡歯科医師会 会報「谷野小児歯科メソッド 初診編」
2019年 赤穂市立尾崎保育所
「スウェーデン式 プラス谷野式 虫歯予防法」
2019年 短編小説「水色の町」
主人公は青年歯科医師。舞台は愛知県津島市。
作中に出てくる歯磨きジェル・カオールの名の由来は、「伊豆の踊子(川端康成)」の旅役者が主人公に贈る口中清涼剤「カオール」。ちなみに踊子の名前は「薫」。
谷野歯科医院

2020 © 谷野歯科医院 - みんなで食べると「おいしい」